不動産Q&A

賃貸お部屋探しのポイント! 

 

  STEP1: 部屋探しを始める前に

 

 Q1.まず何をしたらいいの?

 A1.新生活を始めるまでには、様々な手続きが必要です。新居探しから入居までに行なうことを、しっかりと整理しておきましょう。

  

まず転居する時期を決めます。 
引越日が決まれば、次に「いつまでに契約すれば良いのか」、「今住んでいる部屋はいつ解約通知を出したら良いのか」、「引っ越しの手続きはいつまでに行えば良いのか」など、全体的な日程を決めます。

                   ⇩

     時期が決まれば、次は物件探しです!

まずは、住みたいエリアや予算、間取り、住環境といった希望条件をピックアップし整理します。
実際に自分の目でお部屋を見てみましょう。

転居時期の約1ヵ月前までには、お部屋を決めるようにしましょう。
                 ⇩

希望のお部屋が見つかったら、入居の申込みを行なうことで、お部屋を予約することができます。

入居を申込んだら、契約の手続きを行ないます。
契約には、住民票や印鑑証明などの書類が必要になることがありますので、あらかじめ市区町村の役所から取り寄せておきましょう。そして、家賃や保証金など、入居に必要なお金を支払えば、契約の完了です。

 

 STEP2 :お気に入りの新居を探そう 

 

 Q2.部屋探しで最初に何を見たらいいの?

 A2.人それぞれ求めることは異なります。自分自身の生活を考え

    希望条件をきちんと整理してからお部屋探しを始めましょう。

 

    まずは、自分が住みたい場所や予算など、希望の条件をピックアップします。

   ・毎月支払う家賃や共益費などの賃料

   ・住みたいエリア

   ・生活のしやすさを考えた間取り(広さ)

   ・こだわりたい設備・仕様

 etc…

 

希望条件が出揃ったら、それぞれの条件に優先順位を付けましょう。すべての条件が揃わない場合は、上位の順位を満たしている物件を中心に探していくと違う視点から見ることが出来るはずです。
「これだけは絶対に外せない」という条件をきちんと整理しておけば、お部屋探しのときに迷いません。

 

  •       どうしても迷ってしまう場合は、ご相談を!

プロの知識と視点でお客様に合う、より良い住まいをご案内させて頂きます。

 

 

    STEP3 :部屋が決まったら 

 

 Q3.条件に合う部屋が見つかったらどうしたらいい?

 A3.申込みになります。の前にアドバイスを少しさせて下さい。希望の物件が見つかって物件を離れる前に

 

  ・入居時に家具や家電を選び、いざ新居に入れてみると「雰囲気や大きさが合わなかった」と言うような話をよく耳にします。
  こんなことにならないよう、家具・家電選びは慎重に行ないましょう。

  :家具・家電の設置予定場所の縦横・そして奥行きを測りましょう。

  :見落としがちなのが、玄関ドアの間口!室内に入れられなかったら、悲しいですよね。

  :お部屋のコンセントやドア、収納扉の使用・開閉を妨げないような

   家具の配置を考えましょう。

  :部屋の間取図に家具の配置を書き込んでイメージすると良いでしょう。

  :写真で撮っておけば、部屋との相性をイメージしやすいでしょう。

 

・駐車場や駐輪場を利用する場合は、停める場所や前後左右の車・バイク等の大きさ、道路からの停めやすさなど、実際に停めてみてチェッ     

クを忘れずに。

・スマホ・モバイル機器の電波は届くか。

・エアコン設置希望の場合、希望の場所に設置できるか確認。エアコンが付いていた場合は、設備保証があるかどうかも必ず確認しましょう。

・室内の汚れ・破損。あとでトラブルにならないためにもチェックしましょう。

   ・水が出るのであれば、水圧のチェック。水圧の加減は人それぞれです。

 ・物件の周辺環境をお客様のライフスタイルに合わせて、実際に再度見てみて下さい。

   (スーパー?コンビニ?駅?バス停?公園?通勤・通学時の道のり?etc…)

 

STEP4:申し込みをしよう

 

 Q4.申込みは何をするの?

 A4.お部屋を決めたら「入居申込書」で入居の申込みをしましょう。
   「入居申込書」は、入居審査を行なう資料にもなりますので、漏れのないように正確に記入しましょう。

入居審査では連帯保証人に連絡して、承諾しているかどうか確認することもあります。
事前にその旨を連帯保証人に伝えておいたほうが良いでしょう。

お部屋を借りるために「入居申込金」を支払う場合があります。
この「入居申込金」は、契約する際に支払うお金の一部に充当されます。

「入居申込金」を支払った場合、申込者の都合で解約したときは、返金されない場合がありますので事前に確認しましょう。(手付け金の場合は返金不可)

 

 Q5.初期費用はいくら掛かるの?

 A5.物件条件や契約内容により、異なります。

    一般的には、

   ☆前家賃(入居時の初めの1か月分)

  ※月の途中からの場合は日割り家賃

    ☆保証金(敷金)

解約時の家賃の滞納がない限り、修繕費が差し引かれ返還されます。

故意過失による汚損破損の度合いによっては、実費負担が発生する場合もあるので、入居中の使用はモラルをもって行いましょう。

※償却△△%や敷引△万円と表示されている場合は、解約時その分の金額は返還ありません。

 ☆礼金

賃貸住宅に入居するとき、家主に対して礼金を支払うのが一般的です。礼金は、退去しても戻ってきません。

礼金の額は物件によって異なりますが、およそ家賃の1~2ヶ月が相場です。

なお、礼金を支払うのは、賃貸借契約を正式に締結するときです

 ☆仲介手数料

     仲介手数料は、家主と入居者との仲立ちをしている不動産会社に支払う報酬です。この金額は最大でも家賃1ヶ月分とその消費税

    以内と宅建業法で決められています。

 ☆火災保険料

  賃貸住宅に入居する場合、入居者は自分のお金で損害保険や共済などに加入することが条件になっているケースが多くなってきて

  います。加入手続きは不動産会社が代行してくれます。この費用は、加入する保険会社・プランにより金額は異なります。

 ☆家賃保証料

入居期間中、何らかの理由で家賃のお支払いが遅れてしまった場合、未払家賃を入居者様に代わり保証会社が立替払いを行う保証金です。

こちらも、加入することが条件になっているケースが多くなってきています。

        ※入居期間中、滞納がなく退去する場合でも保証料の返金はありません。

 

    STEP5:契約をしよう

 

 Q6.契約って何をするの?

 A6.入居審査が通ったら、不動産仲介店の宅地建物取引主任者が「重要事項の説明」を行ないます。
       「重要事項の説明」は、建物の構造や賃貸条件、入居にあたっての注意点など、重要な内容を説明します。
       これはトラブルを事前に防ぐために行なわれる契約内容の確認となりますので、分からないことは納得するまで、その場で繰り返し質問

       しましょう。 

 契約にあたって、契約書と一緒に不動産仲介店へ提出する「住民票」や「印鑑証明」などの書類と、入居に必要なお金を準備します。
 書類については、契約者本人だけでなく、連帯保証人が必要なものもあります。

 契約者本人と連帯保証人は、契約書の内容を充分に確認してから署名、捺印するようにしましょう。
 また印鑑は、「印鑑証明」に登録した実印で捺印するように注意して下さい。

契約書や必要書類を不動産仲介店へ提出し、入居に必要なお金を支払ったら、お部屋の鍵を受取ります。家賃は鍵を受取った日から発生するのが一般です。

※後回しにしてしまいがちな転居に関する手続きは、早めに終わらせておけば安心ですよ。

(転入、転出手続き一覧)
1.住民登録  2.印鑑登録  3.郵便物転居届  4.国民年金手帳  5.国民健康保険
6.転校手続き  7.運転免許証  8.自動車登録証 住所変更 

    9.光熱費連絡(電気、ガス、水道、)  10.電話、インターネット回線    etc...

  

   

   STEP6:入居日が決まったら

 

 

 Q7. 現在、住んでいる部屋を退去したい場合は?

 A7. 退去する旨を、退去を希望する日の約1ヵ月前までに家主、または不動産会社へ連絡しましょう。

    家主、または不動産会社と退去立会いを行ないます。
        使用していた部屋の破損箇所などをチェックし、入居者の費用負担となるか、家主の費用負担となるかを確認し、両者で修繕費用の負担

        割合を決定します。

 

 あとは、新居での暮らしをイメージして準備を進めましょう♪

 

 

 

 

 住居、店舗・事務所をお探しの方、弊社がお客様の好みに合う物件をご提案致します!!

  まずは、お気軽にご相談ください。⇓⇓⇓⇓⇓

 

 お電話でのお問合せは、098-860-7718

 

 メールでのお問合せは、info@route21.co.jp

 

 

 

 

 不動産Q&A トップに戻る